大事なデータの守り方〜WEBでデータが保存できる?〜

データバックアップの概要

パソコンなどのデジタル機器は、データを保存しておくのに、非常に便利です。
もともとは、計算機として開発されたコンピュータですが、利便性などを考慮し、次第にデータ保存用にも適しているものとされたようです。
デジタルと言っても、完ぺきなものではなく、機械であるため、時に思いもかけない故障を引き起こします。
そこで、データのバックアップが重要になります。
バックアップ方法としては、いくつかのものがありますが、まず、パソコン内に別フォルダなどを作り、そこに保存する方法です。
物理的には、同一のハードディスク、あるいは、パーティションに区切った中に保存し、内臓タイプのものとなるでしょう。
また、同じハードディスクでも、外付け用のものもあります。
その通り、外部にデータを保存できるため、安全度は、比較的高くなるかもしれません。
あるいは、今であれば、光ディスクを利用する方法もあります。
DVDあるいはブルーレイディスクなどが、現在利用されている方法です。
これであれば、媒体によっては、永年保存も可能なようです。
さらに、パソコンが複数台あれば、別なパソコンにデータ保存することも、一つの方法です。
以上のほか、近年では、WEB経由で、遠隔地のサーバにデータを保存する方法があります。
クラウド技術がその典型的なものですが、ストレージという方法もあります。
どちらも、共有することもでき、インターネットがいかに便利な道具であるかを物語っているようです。
いずれにせよ、WEBデータでも、その他のデータでも、パソコン内部か外部かに保存することが、セオリーのようです。
記事を共有・ブックマークする お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017大事なデータの守り方〜WEBでデータが保存できる?〜.All rights reserved.