大事なデータの守り方〜WEBでデータが保存できる?〜

ハードディスクで保存

パソコンで、OSなどを格納しているところが、ハードディスクになります。
内臓型と外付型があり、どちらも、原理としては、同様です。
内蔵型であれば、OSばかりでなく、データを保存し、もちろん、WEBデータも同様となっています。
仮に内蔵型ハードディスクに保存するのであれば、フォルダを作り、そこにデータを格納することになります。
これが、もっとも簡単なデータ保存の仕方です。
また、パーティション分けというものがあり、内蔵型ハードディスクが、物理的に一つであっても、仮想として複数のハードディスクがあるようにすることです。
ひとつの領域をデータ保存専用に利用することができます。
さらに、外付けハードディスクであれば、そのままデータ保存専用にしてもかまいませんし、あるいは、内蔵型ハードディスクと同様、パーティション分けをすることで、データの種類を区別しながら、保存することが可能です。
また、内蔵型ハードディスク自体を増設することもできます。
これは、デスクトップパソコンで、なおかつ、内蔵用の接続口が空いている必要がありますが、増設することで、データ専用ディスクとして利用できます。
なお、一般的なバックアップ方法のセオリーとしては、内臓型のハードディスクにデータ保存できると言っても、パソコンが突然故障する可能性もあります。
できれば、内蔵型ハードディスク以外のところにも、データを保存しておくことが、望ましいようです。
記事を共有・ブックマークする お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017大事なデータの守り方〜WEBでデータが保存できる?〜.All rights reserved.