大事なデータの守り方〜WEBでデータが保存できる?〜

PCからPCへ

今やパソコンがネットワークにつながっていることは、当たり前のことでしょう。
企業ではもちろんのこと、家庭内においても、複数のパソコンを所有し、相互のデータ交換を行うことも、今では珍しいことではありません。
厳密にいえば、WEB利用も、プロバイダのサーバなどを経由することで、可能となっています。
このため、WEBデータなどのバックアップも、他のパソコンへ行うということが可能です。
たとえば、メインで使用しているパソコンをノートにし、デスクトップがあれば、それをバックアップ専用にするなどです。
かつて、ネットワーク・プリンタと言えば、あまり使わなくなった古いパソコンにプリンタを接続し、それを経由して、他のパソコンがプリンタを動かすということが、通常でした。
今では、プリンタ自体に、ネットワーク機能があるため、こういうことも、珍しくなったのかもしれません。
それよりも、プリンタも進歩しているので、あまりにも古いOSであれば、ドライバがインストールできないということもあるようです。
いずれにせよ、パソコンを複数台所有しているのであれば、ノート同士であろうと、デスクトップ同士であろうと、そうでなかろうと、データのバックアップ先として利用することができます。
ちなみに、現在では、外付けハードディスクでも、ネットワーク機能の付いたものがあります。
保存専用ですが、家庭内ネットワークに接続すれば、そのままバックアップ先としても、利用できるようです。
脆弱性診断で顧客を守る
これからの時代のサイト運営は、ユーザーに高い品質を提供することが求められています。その最たるセキュリティ面でも、万全にしておきましょう。
記事を共有・ブックマークする お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017大事なデータの守り方〜WEBでデータが保存できる?〜.All rights reserved.